婦人

整形写真をサイトでチェックして鼻整形を行おう

整形の方法

相談

整形にはいろんな方法があります。これらの方法は患者の望んだ鼻の形によって適した施術を選び、また選び方によって持続できる効果の長さなども変わってくるのです。自分の鼻の形を大きく変えたいと望むのであればその分大掛かりな整形になってしまうため、その点は注意しておかなければなりません。また大きな手術になれば、術後のケアもしっかりとする必要がありさらに、入院することもあります。
整形では一般的に鼻筋を高くすることを目的にした整形と、小鼻の部分の大きさを変える整形の二種類に分かれます。筋を高くすることを目的とした鼻整形にはプロテーゼと呼ばれる素材をいれることがあり、このプロテーゼは形を変えることができる素材なので患者の望む筋を作り出すことができます。しかし、プロテーゼを自分の望んだ鼻筋の高さにするために、細かな調整を行なう必要があるため時間がかかることがあります。ただ、このプロテーゼを一度挿入した場合には大きな衝撃を与えない限りはその筋を半永久的に持続させることができるのです。
小鼻の大きさを変える整形は主に切開法によって行なわれています。小さくする場合は余分な部分を切り取り縫い合わせるのですが、大きくしたいとなると小鼻自体を切除するのではなく、鼻先を小さくして小鼻とのバランスを調整するのです。この方法は鼻尖形成術と呼ばれている方法で、団子鼻の方に施されることの多い整形になります。この整形も切除をするので一度行えば効果がずっと続きます。しかし、切除手術になるので一週間前後はギブスをする必要があり、人によっては入院して経過観察を行なわなければなりません。もし鼻尖形成術を行なう場合にはあらかじめ長期で休みととったり、一時的に外出を控えるようにしましょう。この整形が安定期間としては約2週間から3週間あたりが目安となっています。その間は腫れや熱が伴いますが、整形を行った場所で処方される痛み止めや腫れを抑える薬を服用しておけば心配ありません。鼻筋を出す方法と小鼻の大きさを変える整形はどちらもメスを使い手術をしますので、手術にかかる期間、その後のケア、気をつけておかなければいけない点などをしっかりとカウンセリングで相談しておくといいですね。不安があれば、その都度その都度で医者に確認して納得のいく内容で整形を行なうことが重要になります。そうすると自分の望んだ形に近づくことができるでしょう。